【ハネムーン#3】ディズニーランド・パリに行ってきました

どうも、浦安ディズニー家族の嫁です(*^▽^*)
ディズニーランド・パリの続きを書いていきたいと思います。

やっとディズニーランド・パリに到着!!

カフェでお茶をしていたら、シャトルバスの出発時刻である8:30が近づいてきたので、集合場所に向かいました。

既に来ていたシャトルバスに乗り込むと、見るからにパリジェンヌなバスガイドさんがいたので、念のため「ディズニーランド行きですか?」と怪しい英語で聞いてみると「日本の方ですか?ディズニーランドに行きますよ」と流暢な日本語で答えてくれました(笑)

シャトルバスは大型でしたが、ほぼ全ての座席が埋まる位の乗車率でした。少しウトウトしながら高速と思われる道をパリ市街から郊外へ一時間弱進んでいくと、車内の雰囲気がざわついてきました。窓から景色を見てみるとミッキーの看板が見えてきて、一気にテンションが上がります!!

バス専用の駐車場に停車し、「19:00にここに迎えに来るので、集合していて下さい」と説明を受けてからバスを降りました。まだ駐車場ですが、ようやくディズニーランド・パリに到着です。

駐車場で記念のパチリ。
s_P1010496

まずは「ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク」へ

駐車場からディズニーランドの入口に向かうと、大きな広場が見えてきて、そこから二手の道に分かれて各パークへ行けるようになっていました。私たちは「ディズニーランド・パーク」をメインに回りたかったので、先に「ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク」の行きたいアトラクションをつぶすことにしました。

「ウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク」のゲートをくぐるとウォルトとミッキーがお出迎えしてくれました。
s_DSC00105

道中で「ほうき」を見つけたのでパチリ。自然と笑みがこぼれてきます。
s_P1010504

まずは日本にないアトラクションを乗ろうと思って、「アルマゲドン:スペシャルエフェクト」にやってきました。待ち時間はなんとゼロ!!朝一とはいえ、東京のディズニーランドと比べると、人が少ないのは明らかでした。
s_P1010512

1つ目の部屋でプレショーが始まりました。キャストのお兄さんがゲストみんなに「どこからきたの?」と質問してきたので、私たちは「ジャパーーーーーン!!」と元気に答えました。日本からのゲストが珍しいのか、思いのほかリアクションがあって、「welcome」の単語が聞き取れたので、歓迎ムードだとわかりました。

2つ目の部屋は宇宙ステーションになっていました。ゲストは真ん中の円を囲むように立たされ、いよいよショーがスタートです。アナウンスはフランス語なので詳細はわからなかったのですが、映画のアルマゲドンは見ていたので、宇宙ステーションにトラブルが発生してピンチになるという状況はわかりました。その程度の知識だけでも楽しめました。

隕石が迫ってきたり、爆発で炎が上がったりと大迫力でした。中でも炎の熱さが海外仕様なのか、ゲストもみんな悲鳴を上げていました。ですが一番悲鳴を上げていたのはパニック物が苦手な私でしょう・・・

非常に精巧に作り込まれており、日本のアトラクションとは一味違う恐怖を味わえるのでオススメです。ただ映画を先に見ていないと、アナウンスが日本語ではないので、置いてけぼりにされるかなと思いました。

今回はここまで。それではBon Voyage♪

次回⇒【ハネムーン#4】ディズニーランド・パリに行ってきました

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめトピック

おすすめトピック

スポンサーリンク
レクタングル(大)