ディズニー好きが本場のヴェネツィアン・ゴンドラに乗ってきました

どうも、浦安ディズニー家族の嫁です(*´▽`*)

今回は私たち夫婦がハネムーンでイタリアのヴェネツィアに行って、ゴンドラに乗ってきた話を書いていきたいと思います。ディズニーシーのヴェネツィアン・ゴンドラがお好きな方は必見です。

ヴェネツィアとは

4

ヴェネツィアとは、ヴェネツィア湾にある小さな島々の上に建てた水上都市のこと。自動車は入れず、主な移動手段は船と徒歩である。日本ではベニスと呼ばれることもある。(ウィキペディアより参照)

私はディズニーシーのヴェネツィアン・ゴンドラに初めて乗った時から、あの水の上から見上げる景色が忘れられなくて、一度本場のヴェネツィアに行ってみたいと思っていました。水上に都市を建て、そこで暮らしている人たちに興味がありました。

そして、その思いがハネムーンで叶いました。

水上バスでヴェネツィアへ

3月某日。私たちは新婚旅行の一日を使って、ヴェネツィアへ行くことにしました。

昔はヴェネツィアへは舟で行くしかなかったのですが、現在は橋がかかっており、鉄道や車でヴェネツィアまで行けます。陸路で行くのも夢がないので、私たちは水上バスで行くことにしました。

あいにくの天気です。
3

水上バスで5分ほど走り、ヴェネツィアに到着。舟の数がすごいです。
2

狭い路地をくぐり抜けて、街の中心を目指します。
5

ヴェネツィアでは徒歩と舟が移動手段なのです。一家に一艇の舟があるのでしょうか。
6

リアルト橋から見た風景。まるでディズニーシーの風景みたいです。こんな都市が存在していることに驚きです(*´▽`*)
4

歴史のあるカフェに入り、休憩しました。イタリアではトイレを使うのも有料なので、カフェで何かを頼んでトイレを借りるのが賢いやり方です。

頼んだのは「カフェマキアート」と「ショコラータ」です。銀座のカフェ位の値段はしますが、美味でした!!
7

いよいよヴェネツィアン・ゴンドラに乗ります。嬉しいことに雨が止んできました( *´艸`)

ゴンドリエーレ(漕ぎ手)にヴェネツィアの街を案内してもらいます。このオールで舟をコントロールしているのだから凄いですね。
9

狭いところを進んでいきます。ゴンドリエーレの技術のおかげで壁にぶつかったりはしません。
8

大きな運河に開けました。建物の一つ一つが美しいです。
aa

ここで暮らしてみたいと思いました。
1

最後にゴンドリエーレにチップを払って終了です。

ヴェネツィアにまた行きたーーーい♪
c

▼ヴェネツィアに行った様子を動画でまとめてみました▼

ディズニーで感じたその先へ

ディズニー好きには色々な方がいて、各々好きなポイントが違うかと思います。キャラクターが好きな方や、世界観が好きな方もいるかもしれません。私はディズニーで感じる様々な世界観が好きです。ディズニーシーでヴェネツィアン・ゴンドラに乗ったあの日、私はこの暮らしをしている街に行きたいと願いました。そしてその願いは叶いました。

ディズニーには色々な時代や世界観が混ざり合っています。西部開拓時代であったり、アロハな世界であったり、宇宙旅行を楽しむ未来であったりと様々です。そしてその世界観にはモチーフとなった時代や場所が存在します。

もしパーク内で「この世界に行ってみたい」と思ったら、実際にモチーフとなった場所に行ってみることをオススメします。そうすればディズニーでまたその場所に行ったら何倍も楽しめますから(*^^*)

それではBon Voyage♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめトピック

おすすめトピック

スポンサーリンク
レクタングル(大)