【ディズニー】園内放送がなくても迷子がすぐに見つかる理由

s_204996
パーク内にいて、こんな疑問を思ったことはないでしょうか?

「迷子のお知らせのアナウンスがないのはなぜだろう?」

答えは割と知られているかと思いますが、園内の雰囲気を壊さないためがその理由です。それでは次にこの疑問が思い浮かびます。

「アナウンスがなくても迷子がすぐに見つかるのはなぜ?」

あれだけ広大な施設内に、平均して4~5万人ものゲストがいれば迷子が起きるのは必然ですし、人混みの中から迷子を見つけるのは難しいように思います。それでも迅速な迷子対応が可能なのは、東京ディズニーリゾートのセキュリティの仕組みが優れているからです。

それでは「アナウンスなしで素早い迷子対応が可能なからくり」を説明していきます。

ディズニーの迷子対応の流れ

■キャストが迷子を見つけた場合

すぐに迷子センターに連れていくことはありません。子どもの移動範囲は狭いので、まずは見つけたその場で一緒に両親を探します。目を引く服装のキャストが子どもの手を引いていれば、両親の目に止まりやすく、ほどんどはこの段階で解決します。

■両親から迷子の申告があった場合

この場合も同様に、キャストは両親と一緒に迷子が起きた場所を探します。人混みの中から迷子を捜すのは難しいと思われるかもしれませんが、毎日何人ものゲストを見慣れているキャストにとって、子どもが迷子かそうでないかを判断するのは簡単なのです。

また、迷子の子どももキャストに保護されていることが多く、この段階で迷子が見つかることがほとんどです。

もし、お子様が迷子になった場合は、すぐに迷子センターへ行かず、その場にいるキャストに申告した方が、早期に見つかる可能性が高いです。

■それでも見つからなかった場合

15分ほど見つからなかった場合は、その場での捜索を打ち切り、キャストは迷子センターへ連絡し、子どもの情報を登録します。この段階で園内を巡回しているキャストに迷子の情報が共有されます。

また、両親と一緒に探していたキャストも15分ほど捜索したのち、迷子センターへ問い合わせます。ここで特徴が一致していた場合は迷子センターへ案内します。もし子供が迷子センターにいなかった場合は、両親は連絡先を迷子センターへ伝え、以降は園内を巡回しているキャストが通常業務をしながら、迷子の子どもを探します。

ここが凄い!!

以上が、ディズニーの迷子対応の一連の流れです。特に優れているのは、「すぐに迷子センターに連絡しないこと」です。ディズニーリゾートのような広大な施設では頻繁に迷子の事案が発生します。毎回、迷子センターに迷子の情報を登録していると情報量が多くなって、本当に共有したい情報がキャストに伝わりません。

ですので、まずはその場での捜索を行い、迷子センターを利用せずに解決を図るのです。それを可能にしているのが、園内を巡回しているキャストの数と質です。

ディズニーリゾートは他のテーマパークと比べても従業員数が多く、そこで働くキャストもディズニーに憧れて集まってきた方がほとんどなので、働くことに意欲的です。そんなキャストが大勢で迷子の捜索をしてくれるので、迷子センターを利用せずとも迷子が見つかるのです。

最後に

冒頭で、ディズニーが迷子のアナウンスをしないのは「園内の雰囲気を壊さないため」と申し上げました。これはもちろんその通りなのですが、上記の説明でお分かり頂けたように、「迷子のアナウンスをする必要がないため」でもあるのです。

キャストの数と質が強みのディズニーリゾートは、まず迷子センターを介せずに解決を図るだけの力があり、迷子のアナウンスは必要ないのです。この強みがない他のアミューズメント施設では、一朝一夕で真似できるものではないでしょう。

最後に、ディズニーには園内放送がないと思われがちですが、実は緊急を要する場合のみアナウンスをします。例えば2011年3月11日の震災の日もアナウンスがありました。もし、パーク内にてアナウンスがあった場合は重大なことが伝えられますので、注意して聴きましょう。

それではBon Voyage♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おすすめトピック

おすすめトピック

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. 匿名 より:

    ディズニーが迷子のアナウンスをしなくても大丈夫なのには訳があったんですね(*^^*)面白い考察だと思いました。